卒塾生コラム|2期生・関さん

田口塾には多様でユニークな卒塾生がたくさんいます。卒塾生は今、どんなことをしているんだろう!?ということで、卒業生コラム企画を始めました!

記念すべき第一弾は、2期生の関さんです(^^)

自己紹介

名前:関裕子

略歴:田口塾2期生。高校2年生で田口塾に入り、早稲田大学国際教養学部に入学。現在は新卒で入った食品宅配会社で経営企画に携わっています。

現在のくらし

脱サラを企み夜間学校に通う夫と、やっと意思疎通の取れるようになった2歳の娘と毎日愉快に暮らしています。

娘との日課は、保育園帰りに花屋さんに寄ること。店主のおじちゃんとすっかり仲良くなり、私がいなくても自分で選んで包んでもらっています。

毎日買うので家が植物園状態ですが、在宅勤務中に綺麗な花が視界に入るとテンションが上がるのでまあいっかと思っています。

花を指名買いする娘

仕事も好きですが、最近は残業はほどほどに、夜は自分の時間に充てるようになりました。「読書メーター」というアプリを知ってから、積みあがっていくのが楽しみで本をよく読んでいます。

高校時代の私は1冊も本を読みませんでしたが、たくさんの情報の中から本筋を掴んだり、自分の経験と繋げたりする力は受験勉強で養われたのかもしれません。

そうそう、この前「サピエンス全史」の公式漫画を読んだら、世界史の資料集で見た絵画や歴史へのオマージュが散りばめられていて、「あーこんなのあったなあ!」と思い出しながら本を2倍楽しく読めました(あの漫画家さんは世界史の造詣もきっと深いと思う)。

必死に覚えた細かい単語は忘れてしまったものも多いのですが、勉強楽しいなと思えたこと、そしてこうして10年以上経っているのに繋がりをもてていることは、田口塾じゃなかったら得られなかったかもと思うと、先生には改めて感謝したいです。

私は今30歳ですが、先生もこれくらいの歳で田口塾を立ち上げているし、ぼちぼち自分のやりたいことを実行に移したいなと計画しています。

先生のように、自己満足ではなく長く誰かの役に立つことができたらいいなあ。…と、少し先生を持ち上げすぎました。

田口先生へ

先生、私が30歳ということは、先生も13年分歳を取っているはずです。もう若くないんだからちゃんと栄養あるものを食べて、適度に運動して、夜はぐっすり寝てください。

そしてこれからも、生徒や卒塾生がふらっと寄った時に変わらず迎え入れられる温かい田口塾を、素敵なスタッフさんたちと一緒に作り続けてください。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Previous article

【田口塾通信】2022年1月号

Next article

【合格実績】2022年度